言葉の塔

撃っちまえ、って?

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9


警官が威嚇射撃で、高校生の腹部を撃ち抜いた。
こんな威嚇射撃は聞いたことがない。
威嚇射撃というからには空に撃つものだと思っていた。

警官も命がけだと思うから、そういうことが起きても仕方がないという気はするが、簡単には容認したくない。
危険を最小限にするマニュアルも警察にはあると思う。
それに則っていたのか。
警官は一人だったのか。
など細部を知りたい。

しかし、他のトラックバックを見ると、シンナーやるようなしょうがない奴は撃たれても仕方ない、むしろ、ざま見ろ、という感じというのが多い。
短くいうと、「クズはなるべく死んでくれ」ということだなあ。

短絡的で白黒わかりやすい結論のほうが通りやすい世の中だ。

そういう勢いには勝てないが、僕は灰色のことをぶつぶつと言い続けよう。
[PR]
by murahiden | 2006-07-11 12:30
オシム >>